News新着情報

輸出参考事例 2024.07.04

アフリカ向けにランドクルーザープラドを輸出させていただきました①

 

今回のご相談は、トヨタの「ランドクルーザープラドTZ-L」

ディーゼル車タイプの1台を輸出……ではなく、次のブログで紹介するランクルプラドと合わせて2台のご依頼です。

 

 

新車が必要とのことで、弊社でオークション落札からスタートしました。

 

 

「プラド (Prado)」はスペイン語で「牧草地」や「草原」の意味。

アフリカ「Zimbabwe」の広大な平原に、ぴったりの名前ですね。

 

 

プレミアムなシートや内装も素晴らしいに尽きます。

優れたオフロード耐久性から、日本はもちろん、海外の多くの国で愛されている一台です。

 

 

ジンバブエでは、意外にもトヨタ車が愛されています。BMWやBENZなども見かけますが、TOYOTAのコロナやヴィッツ、パッソなども街を走っているそうです。

 

 

今回のご相談は、ネオトランス自慢のフルコース。

オークションから陸送手配、車輌の整備、エンジンやナンバーなどの確認、輸出検査、船積み、書類手続きまで、すべてサポートさせていただきました。

 

 

自分では手配や難しい方、海外にいて日本での手続きができない方は、フルでネオトランスへおまかせください。必要な箇所だけ手伝って欲しい、という場合も、喜んでお手伝いさせていただきます。